最新技術を駆使した金属の3dプリント

近年、技術の進歩とともに3dプリンターは急速に普及してきています。3dプリンターとは三次元の物体の設計図をもとに実際に製作してくれる機械です。一般家庭で購入できる3dプリンターもあり、今までより簡単に三次元の物体を製作できるようになりました。しかし家庭用の3dプリンターでは用いることができる素材が限られています。プリンターの種類にもよりますが、例えば金属は一般家庭用の3dプリンターでは用いることができないことが多いです。しかし専用のプリンターを用意すれば様々な種類の金属でも加工することができ、複雑な加工も容易にすることができます。今回は日々最新技術を用いて進化しつつある3dプリンターの加工精度と加工できる範囲について解説いたします。

どんどん向上しつつある3dプリントの精度

様々な製品に使われるパーツの中には複雑な形状をしているものや高い加工精度が求められるものが数多くあります。そのパーツ一つが用意できないだけで製品を作ることができなくなってしまうことも少なくありません。このようなパーツの製作には高い技術が必要であるがゆえに熟練の作業員が必要であったりコストが高くなってしまう場合があります。また、簡単に用意できないことも多くパーツ不足の問題も発生します。そこで複雑な形状を製作するのに新たに注目されているのが3dプリントです。3dプリントの技術は近年で大きく向上しており複雑な形状も作れるようになってきました。また、3dプリンターを導入すれば最初はコストがかかるものの人材不足に悩まされることなく安定してパーツを生産することができます。

3dプリンターで加工できる範囲とは

今までは金属加工というと高い専門性が求められ熟練した技術を持つ職人しか加工することができない場合も多かったです。それには熟練した職人を育てる長い時間が必要で人手不足で製品の生産が遅れ製品不足に悩まされたり、製品の数がすくないゆえに製品のコストが高くなってしまったりとたくさんの問題が発生してきました。しかし3dプリンターの普及とともにその問題は解決されつつあります。いまでは複雑な形状のパーツもつくることができるようになりました。また、加工できるパーツの大きさも上は200㎜以上の大きいものから下は数ミリ以下の小さいものまで加工できるようになっています。また、加工に使うことができる材料も増えてきており、そのパーツの用途にあった材料を選んで加工することができます。