金属の3dプリントとは一体どんなものなの?

先進技術というのは、常に生活のあり方を変えてきました。とくに印刷技術というものは、活版印刷の発明依頼、社会の仕組みそのものを変革する力をもたらしてきました。今では各家庭やオフィスにあるプリンターの働きなくして、仕事や生活というものは成り立たなくなっています。今や品質の高い写真が手軽に出力できるようになりましたが、もう、それだけには留まりません。立体物ですら、プリンターで出力できる時代になったのです。それも、趣味の範囲としてではなく、新たな産業が成り立つレベルにまで発展してきました。その流れを決定づけたものが、金属を用いた3dプリントです。この技術により、工業は新たな段階を迎えたといっても、決して大げさではありません。これは、それほどのインパクトがある出来事といえるのです。

これまでの限界を超えた3dプリンター

3dプリンターにおいても、最近までは従来のインクジェットプリンターと同じ方式を採用してきました。つまり、カートリッジの中にある原料を射出して、立体物を成形してきたのです。しかしこれでは、樹脂のようなものは扱えても、硬いものは出力できません。そこから起きる強度不足が、この技術の限界とされてきたのです。しかし、まったく新しい方式が開発されたことにより、その環境は一変されました。原料を射出するのではなく、粉末状になったものを、レーザーで溶かして固めることで、金属の3dプリントを可能としたのです。この方法だと、複雑なものが作れるだけではなく、強度面の不安も払拭されます。また、様々な素材に応用できるため、用途に合わせた立体物の出力が、手軽に実現できるのです。

3dプリンターが切り開いていく未来

では、金属による3dプリントは、どのような変化を暮らしにもたらしていくのでしょうか。もっとも顕著なのは、工業におけるコストダウンによる利便性です。今までは、機械の部品を作るために、別の機械を稼働させなければなりませんでした。このような無駄の多い仕組みによる手間賃は、価格や作業時間として、ときには消費者が肩代わりしなければなりません。しかし3dプリンターは普及すれば、あらゆる部品の出力が、これ一台で済みます。そうすれば無駄な機械を買う必要もなく、今まで諦めていた部品も、容易に作れます。そうすれば、コストは下がり品質は上昇しますので、企業にとっても消費者にとっても、多くの恩恵が受けられます。先進技術の進歩こそが、あらゆる問題の解決を促していくのです。