金属の3dプリントの最新情報を紹介します

日本国内でも、金属に対する3dプリントサービスを実施している企業は少なくありません。そんな3dプリントサービスを実施している企業の、最新のサービス状況はどのようになっているのでしょうか。また、最近では家庭用の3dプリンターも販売されるようになり、中には金属にも対応している機種も登場しています。このように、3dプリンターを取り巻く環境は、日々進化し続けています。その為、この進化に取り残されないよう、常に最新情報をチェックするようにしましょう。さらに、最新情報をチェックしていれば、よりお得に3dプリンターを活用できるようになるでしょう。賢く3dプリンターを利用する為にも、常にアンテナを張り巡らせて、情報収集を行うよう心がける事をオススメします。

手軽に利用出来る3dプリンターサービス

日本国内で手軽に利用出来る3dプリンターサービスとして名前が挙がるのが「3Dayプリンター」と「DMM.make」です。「3Dayプリンター」はその名前からもわかる通り、平均3日で3dプリントを実現する早さが魅力です。しかも全国の産業用3dプリンターの空き時間を利用しているとあって、価格も抑えられています。その為、早く、安く仕上げたいという企業にとって「3Dayプリンター」はオススメです。一方の「DMM.make」は、発送までに21日から30日程度かかります。しかし、3dプリンターで作成したものを、そのままクリエイターズマーケットで販売する事が可能です。注文が入ればプリントが行われるので、在庫を持つ事なく販売できるとあって、個人のクリエイターにオススメです。

低価格な家庭用の3dプリンター

家庭用の3dプリンターと聞くと、どうしても高価格なものをイメージするのではないでしょうか。その上、金属の造形も行えるとなると、なおさら価格が高くなると感じるはずです。しかし「ミニ・メタルメーカー」と名付けられた家庭用の3dプリンターは、組み立てキットで75,000円という安さで購入する事が出来ます。完成品であっても10万円となり、何度も企業にプリントを依頼していた個人のクリエイターにとっては、非常にお得な価格と言えるでしょう。ブロンズ、スチール、シルバー、真鍮と使用できる素材も多く、アクセサリーやパーツを作る際に役立つ事間違いありません。企業のプリントサービスを何度も利用している個人のクリエイターは「ミニ・メタルメーカー」の購入を検討しても良いのではないでしょうか。